知っておきたいB型肝炎の給付金請求の情報

給付金受給までの流れ

B型肝炎の給付金の請求について法律事務所の弁護士に依頼すると、まずは請求に不可欠な資料集めが行なわれます。資料の収集の際には、弁護士によって依頼人に協力が求められることがあります。たとえば病院や役所などに対汁問い合わせをすることになる場合がありますが、何をするか法律事務所のほうからわかりやすく説明してくれるため、心配は要りません。

裁判所必要書類の収集が完了すれば、その内容の確認が行なわれます。そこで問題がなければ、弁護士によって給付金の支払いを求めるための訴状がまとめられて、収集した必要書類とともに裁判所に対して提出されることになります

訴状と必要な資料の提出後、すぐに和解が成立するわけではありません。国と弁護士が話を進めていきますが、話がまとまるまでには早くても半年ほどの期間を要することになるでしょう。和解にいたれば、依頼人の症状・病状に合った給付金などがいくらなのかが決まり、その内容が書かれた和解調書が裁判所で作られます。

その後、弁護士が和解調書をはじめとする書類を社会保険診療報酬支払基金に出すと、和解で決定した給付金などが支払われます。実際に受け取れる金額は弁護士費用などをマイナスし、残った分が依頼人の口座に入金されることになります。


給付金受給までの流れ
Previous post
弁護士に相談・依頼を
Next post