知っておきたいB型肝炎の給付金請求の情報

給付金の受給対象者

国からのB型肝炎の給付金を得るためには、クリアしていなければならない条件があります。なお、給付金の請求を実際に行なったとして、果たしていくら受給可能なのかが気になる方は多いでしょう。この点に関しては症例によってかなりの開きがあります。少額のケースでは50万円ほど、高額なケースでは3,600万円ほどのB型肝炎給付金の受給額の事例があります

注射どういう方がB型肝炎給付金の受け取りが可能なのかというと、HBVに持続感染している方、1941年7月2日~1988年1月27日までの生まれの方、満7歳の誕生日前日までに集団予防接種を経験した方などは、B型肝炎給付金の支払い対象となっています。また、本人以外に母親がHBV感染を起こしていて母子感染が成立してしまった方や、HBV感染のせいで命を落としてしまった方の遺族も、国によって支払いが行なわれるB型肝炎給付金を、相続人として受給できる見込みがあります

なお、B型肝炎給付金の請求は、受給対象であることがわかった時点で請求に向けて行動を開始したほうがいいです。というのも、給付金の請求には期限が定められており、2022年の1月12日までに行なわなければいけません。1日や2日で請求~支払いまでが完了するというものでもないため、早めに請求を行なうことが大切です。


弁護士に相談・依頼を
Previous post
B型肝炎訴訟と給付金
Next post