知っておきたいB型肝炎の給付金請求の情報

弁護士に相談・依頼を

書類作りB型肝炎の給付金を受け取るためには、国を相手に訴訟を起こし、和解を成立させるなどのステップを踏まなければいけません。訴訟を起こすまでには、給付金の請求に関する資料の収集を行ない、訴状を作って裁判所に提出する必要があります。また、裁判では判決で勝敗を付けるということはしないで、国とのあいだで基本合意書で定められた救済対象者に該当しているか否かをチェックして和解へと向かっていく仕組みになっているため、普通の訴訟より負担は大きくありません。

ただ、一般の方は負担が大きくないとはいえ、裁判というのはそうそう経験するものではありません。先述した資料の収集をはじめ、こなさなければいけないことは多く、手続きは煩雑なもののように思えるものです。自力で訴訟を提起するのは容易なものではありません。したがって、B型肝炎の給付金請求は、法律事務所の力を借りるのが一般的です。弁護士に相談・依頼することによって、給付金を受け取るまでのすべてのことをサポートしてくれます。給付金請求を得意としている法律事務所の中には相談が何回でも無料の事務所や、着手金無料で報酬後払い制などの事務所も増えていますので、まずはこのようなところに気軽に相談してみるとよいでしょう


給付金受給までの流れ
Previous post
給付金の受給対象者
Next post